TOP

おすすめの求人広告代理店一覧

「Challenge And Evoltion」を目標に日々成長を続ける総合広告代理店の【株式会社IMC(アイエムシー)】は様々な業種の広告媒体サイトを紹介しておりますので、店舗運営に携わるお客様の為に最善の広告媒体をご紹介しております。また宣伝活動や求人活動をサポートする体制も整っており、非常に心強い広告代理店と言えるでしょう。お客様との距離が近く親身になって一緒に成果を上げていく、そんな広告代理店は【株式会社IMC(アイエムシー)】です。その他、様々な広告関係を得意としている会社は多く存在しています。会社にマッチした代理店を探されてみてはいかがでしょうか。



風俗業界の広告代理店は広告運用方法を熟知している

さすがに専門家といいますか、その手の業界で働いているので熟知していないと逆に「何してんの?」って話ですが、風俗業界の広告を卸している代理店の営業マンは自身が販売する広告の内容や運用方法を熟知しています。風俗業界でも一口に風俗店といっても様々なジャンルやコンセプトがあります。もちろんそれに合わせて風俗広告サイトもそのジャンルやコンセプトに合わせたものがあり、特化した形でサイトを運営しています。中にはオールジャンルを掲載している大手風俗広告媒体サイトもあり、窓口が広いサイトもありますがこの手の風俗広告サイトは市場の独占が成り立ってしまうので、どの風俗店も掲載を依頼するので広告サイトの中で目立った掲載をしたいのであれば、それなりに費用も掛かり、その枠を取り合う競争率も激化してしまうのです。風俗店の広告掲載は公的な場所での掲載は法律で禁止されており、掲載できる場所も方法も限られてしまっているので一箇所に集中しまうのは仕方がない事ですが、それを上手く話して誘導できるかは代理店の営業マンにかかっているわけです。風俗広告媒体サイトの特徴、メリットとデメリットを説明し、そのサイトが広告内でどういった立場で掲載できるのかをよく知っていなければいけません。何事も自身の販売しているモノを把握していなければ売れるものも売れないので営業マンの基本中の基本ではないでしょうか。広告代理店は風俗広告サイト以外にも検索結果にも注意を払っています。営業マンが販売する風俗広告媒体サイトの検索順位が下がってしまえば、その風俗広告媒体サイトの価値も下がります。風俗広告媒体サイトの価値を上げるのは検索結果に直結しているのでこれには目を光らせて常に確認しているはずです。例えば広告販売代理店が販売している広告が検索結果で悪い結果な場合、誰がそんなサイトに掲載をお願いするでしょうか。ある程度検索結果に表示されているのであれば依頼や契約する風俗店も出てくるかもしれませんが、多くの風俗店を経営している方は検索結果で上位に入っている風俗広告媒体サイトに掲載したいと思っています。これは風俗店を経営している方にとっては基本的な事で、まず最初に掲載を依頼するのは上位表示達成している広告媒体サイトなのです。ですので風俗広告媒体サイトの価値は重要で、広告販売代理店はその見極めや今後の動きを常に頭に入れて販売していく必要があります。

風俗広告代理店の営業マンで知っておいてほしいこと

風俗広告代理店は風俗広告サイトを風俗店へ掲載を推奨し、掲載してもらって掲載料を得る事で売上を上げていきます。掲載に関してどんなメリットがあるのか、どういったプランがあるのかを紹介して納得していただいた上で掲載の判断をするので、風俗広告代理店の営業マンはその知識を十分に持って、上手く広告に関して説明できなければ成約には繋がりません。また、ある程度ウェブに関しての知識は必要かと思います。そもそもウェブ上でその風俗広告サイトが検索結果で目立っていなければいくら掲載した所で何も意味がありません。つまり、検索結果で上位にいる広告掲載サイトを契約すればそれだけサイト情報を見られる機会が増えますのである程度のアクセス数を獲得することは出来ます。ですので、現状その風俗広告サイトの検索結果を頭に入れて話をする必要があります。ウェブの知識と販売する広告の内容を全て頭に入っていれば何も怖いものなんてありません。ですが、風俗広告代理店は全ての店舗に受け入れてもらえるわけではないんです。営業を各風俗店に話を持ちかけていくので、当然煙たがられる事もあり、責任者に会えずボーイ等に門前払いを食らうこともしばしばです。とにかく、責任者に会わないことにはどうしようもないのでボーイをまず口説き落とすことから始まって、上手く話が出来れば責任者に会わせてくれるのでそこまでいければ本戦開始です。なかなかここまで到達するのが難しく、新規で訪問する時はほとんどこんなことがあります。また、成約出来たお客さんに対しては手厚く対応する等の工夫も必要かと思う。毎回、手土産を持っていくのはあまりしない方が良いかと思いますが、缶コーヒーの1つでも持って行ってあげると印象は変わるかもしれません。風俗広告代理店の営業マンで大事なのは人間性と気配りかと思います。お客さんが広告で悩んでいれば親身に相談に乗ってあげる事も大事ですし、何より大事なのが無理やり売らないことです。自社の商材が売れてなんぼですが、風俗店を経営している方も同じ人間です。関係無い広告に関しても助言が出来れば、経営者も営業マンの印象が変わって頼ってくれるようになります。そういった関係値を稼ぐためにもそう言った小さな対応も必要で、信頼関係を築く為にはまず頼ってもらえるようにすることが重要なのです。

風俗広告代理店は営業用と求人用の両方を売らなければいけない

風俗業界で最も重要とされている広告媒体サイトは今や、スマホの普及率が上がっている現代社会では閲覧数が増々伸びている状況です。また風俗店の広告は公の場に掲載する事ができないのでネットに完全に依存しており、ネット上に掲載する以外は雑誌や新聞等でしか掲載は出来ない状態です。各エリアの歓楽街に行けば無料案内所があり、そこで風俗店の情報を得る、または風俗店を掲載することが出来ますが掲載に限っては法律により限られた方法でしか広告を打ち出すことが出来ないので風俗店はそのネットに頼り切るしかないのです。ですがここで注意していただきたいのが掲載するサイトによって集客がちゃんと出来る場合もありますし、出来ない場合もあります。それはどうしてなのか、原因は簡単です。その風俗店広告媒体サイトの検索順位が低いことに原因があります。検索順位は検索エンジンでキーワードを入力して、そのキーワードに対して関連するサイトを表示してくれる便利なツールですが、その検索順位で下位に位置するサイトであれば風俗広告媒体サイトは人目につきにくく、アクセスされる機会も上位の風俗広告媒体サイトに比べて圧倒的に少なく、まともな集客はできません。ですので風俗店や求人サイトを風俗広告媒体サイトに掲載する場合は上位にいるサイトに掲載することをおすすめ致します。また、それら風俗広告媒体サイトの中にもランク付けされているので、ただ掲載しているだけでは情報料が多いので埋もれてしまいます。各風俗広告媒体サイトには細かな料金プランが用意されており、料金が高ければ高いほど優遇されますが、低料金または無料での掲載の場合はたかが知れています。ですので掲載する場合はある程度金額が掛かることを承知の上で掲載しましょう。風俗広告代理店の営業マンもこのことを上手くお客さんに伝えなくてはいけません。広告掲載でお金がかかることは風俗店側も承知していますが、経費は出来るだけ抑えたいと考えるのが運営者の常です。風俗業界の場合、広告の掲載に関しては出来ることが限られてしまうので利用料は釣り上げられてしまい、決して安い金額ではございません。大きな風俗店ですと月間で100万円近くを風俗広告費として捻出しているお店もあるので、それだけお金を掛ける必要が有ることがわかります。出来るだけ広告費を掛けずに売上を上げたいと誰しもが思うでしょうが、風俗店に限らず全ての企業もお金を払って広告を出しているので運営するにはまず、ブランディングができるように広告掲載をしていくことが重要なのです。