ついに、ついに!風俗DT卒業しました!という喜ばしい体験談を紹介しています。

風俗からの電話は逆に利用すべき!

たまになんですけど、風俗から電話がかかってくるんですよ。デリヘルなんですけど、デリヘルって電話番号は登録していますから、それで電話がかかってくる事もあるんですよ。電話の内容は簡単に言えば「ちょっと安くするからどうです?」みたいな感じですね(笑)こっちからすれば悪い話じゃないんですけど、ただタイミング次第ではどうにも出来ない時もありますからね。でも、楽しめるようなタイミングの時は楽しませてもらっています!お得になるだけじゃなくて、従来にはないような時間っていうか、例えば15分延長とかあったりするんですよ。それに交渉次第っていうか、こっちからもいろいろと言えるんです。しかもこれが味噌なんですけど、風俗店側から電話がかかってきているって点ですよね。別にこちらから「使わせてくれ」って電話をかけているんじゃなくて、向こうから「使いませんか?」って電話なんです。そりゃこっちだって得意気のまま利用出来ますよね。

風俗嬢だって体力の問題はありますよ

飲食店なんかで、「行く度に味が違うお店」とか言われている所もあると思うんですけど、生身の人間がやっている以上、それは仕方ないと思うんですよ。これ、風俗でも同じ事が言えると思うんですよ。風俗はこっちがお金を払っているお客だから、こっちがいろいろと要求出来る側だってのはありますよ。でも、女の子だって人間だし、気持ちはあるものの体力が追いつかない時だってあると思うんですよ。だって男をイカせるのって楽じゃないと思うんですよ。だから自分が風俗を利用する場合、女の子の出勤時間も見ますよ。出勤して間もない頃ってまだまだ体力があるんですよ。だから女の子としても結構全力なんですよね(笑)でもお客さんを相手にすると共に体力消費していく事になっていくんですから、どうしても体力が落ちていくと思うんです。こればっかりは仕方ないですからね。だったら、女の子が体力のあるうち楽しんだ方がいろいろといいんじゃないかなと(笑)

在宅の人間にとって風俗は価値がある

在宅ワーカーの自分にとって、風俗の存在は性欲の解消が出来るって点だけじゃなくてかなり有意義な時間を過ごす事が出来るサービスでもあるんですよね。女の子に抜いてもらうだけじゃなくて、女の子と話したりってのも貴重ですが、話して抜いてくれるってなると風俗となるわけですよ。毎日家でじとーっと仕事をしている自分みたいな人間にとって風俗での時間ほど貴重なものはないですから。在宅で働いているとメリットもたくさんあるんですけど、一方ではどうしても人と触れ合う事そのものが少ないですが、ついつい凝り固まるというか価値観が狭くなってしまうと実感させられる事も珍しくなかったりするんですよ。だから風俗に行って女の子といろいろとお話しするだけで、リフレッシュできますし新しい価値観との出会いってなると大げさですけど、気持ち良いだけじゃなくていろいろと楽しめているので、抜くだけじゃなく、とっても貴重な場だなって事を実感しつつあります。

自信を付けるためには風俗がいいかも

自信満々って訳ではないんですけど、前に比べると自分に自信が付いてきたかなとは思いますが、そのきっかけをくれたのは他ならない風俗です(笑)風俗の女の子たちって基本的に褒めてくれますからね。お世辞だとは思いますけど、でも直接口で言われるのは嬉しいし自信になるんですよ。それに、その一言で違う自分になるきっかけが生まれる事だってあるんです。デリヘルにお気に入りの子がいるんですけど、なんでお気に入りなのかって言ったらその子が褒め上手だからなんですよ(笑)正直、そこまで大きくはないって自覚しているんですけど、大きいとか固いとかいろいろと褒めてくれるんです。男としてこれ以上嬉しい事はないんじゃないかなと思いますよ!それに、自信云々抜きに、そこでそういった形で褒めてもらう事でプレイそのものが楽しい気持ちになるのも事実ですからね。やっぱり楽しい気持ちの方が断然楽しいですから、結局は掌の上で踊らされているって事ですね(笑)